セックスレス状態が続いたりうまくいかないと気持ちも冷める

仲の良い夫婦であってもセックスの相性によって離婚してしまう

そこでわかるのは、どんなに優れた作品を残した人でも、どれだけ大衆を感動させる芸術を創れる人でも、「女」を完壁に解明するのは不可能だということです。以前、付き合っていた男性と、毎日のようにセックスをしていたのに、まったく快感を得られることがない、という経験をしたことがあります。心では、「この人と結婚してもいい」と思っているのに、からだのほうはその人の愛撫では感じなくなっていました。そういう感覚に襲われた女性って、けっこういるんですよね。

たとえば、セックスレス状態が何年もの間、続いた夫婦のケース。夫も妻も、相手のことを「異性」として見ることはなく、ただの同居人のような感じで、すっかり仲は冷え切っています。ところが何かのきっかけで、再び出会った頃の情熱が蘇り、久しぶりにセックスに及ぼうとしたときに、異変が起こります。夫にからだを触られた瞬間、身の毛がよだつような不快感に襲われ、しだいにその感覚は鳥肌が立つような嫌悪感に変わり「ごめん、今日はちょっと体調が悪いの」といってセックスを中断してしまう。

こんな話を幾度となく聞いたことがあります。それでも我慢して夫婦生活を続ける人もいますが、「わたしはこの人が好きではなくなっている」と気づき、離婚に踏み切った人もいました。このように、心では「この人を愛したい」と思っていても、からだが「この人ではダメなのよ」と訴えかけてくるような感覚を覚えることがあります。その感覚に素直に従うと、破局した後に、「なんであの人を好きになったのだろう」「どうしてからだを一つにしてしまったのだろう」と、愛し合った日々のことを心の奥底にしまって、女性は次の幸せを求めて歩き出すこともできるのです。
私にとって必要な場所があります。それは埼玉 風俗の女の子がいる所です。そこが無いと私は生きていけません。それほど私にとって重要な場所となっています。必ず週末には行ってます。
今日は風俗のお店に行くぞと決めてはいてもタイミングが合わなかったりすることがあると思います。そういう時にこそ上野 デリヘルがあるのです。本当に面倒な気持ちのときほど便利さが分かります。
最近の楽しみはすすきの 風俗へ行く事です。女の子とエッチな事をするだけでストレスが解消されます。ピンサロだと料金も手ごろです。月に一回のペースで通っていますが本当はもっと行きたいのです。
私はいつも夜は一人でいることが多いのでいつも利用してる物があります。それは長崎 デリヘルサービスです。そうしないと寂しくてたまらないです。ここからいつも女の子が来てくれて助かります。
ヘルスに行く時間がないというか、電車じたいも終わってしまって風俗のお店に行くきっかけがなくなってくると、京都 デリヘルを呼ぶのが一番良いということに最近わたしは気がつきました。


次にわたしは、「そういうときはどうするの?」と聞くと、「もっと声を出して、と言います。コミュニケーションですからね」となぜか誇らしげに微笑んでいました。セックス記事に携わるメディアの人でさえ、思い込みに縛られてしまっているのです。わたしは、ただ失笑するしかありませんでした。「もっと声を出してよ」、これってありでしょうか?セックスの最中、女性は目を閉じて愛撫を受けます。

好きな人にからだを許した瞬間から、からだだけでなく、心も敏感になっています。こうした言葉は、安心して抱かれたい女心を深く傷つけます。敏感に相手の気持ちをキャッチして、「わたしには男の人を喜ばせるような声を出すことができない」といったマイナスの感情に支配されれば、それが原因でコンプレックスとなりセックスに嫌悪感を持ってしまうこともあるんです。

What's New
2013/05/14 注目記事を更新しました。
2013/05/10 新着記事を更新しました。
2013/05/09 演技をする必要を更新しました。
2013/05/06 映画のラブシーンを更新しました。
2013/05/04 どんなスタンスを更新しました。
2013/05/02 メンタリティの根底を更新しました。
2013/05/01 仲の良い夫婦であってもセックスの相性によって離婚してしまうを更新しました。
2013/04/28 ホームページをリニューアルしました。

ピックアップ
ナイトライフアット風俗ゾクゾク
風俗リンク集と地域密着型風俗情報サイト風俗情報やニュースサイトまで幅広くご紹介する、総合風俗サイトです。デリヘル・ソープなどの風俗店検索・割引チケット・イベント情報などをご紹介。